ThinkForexはオーストラリアの業者


hhrere97 海外業者でも、日本で知られるようになっているところが増えています。ThinkForexもそのひとつです。もともと、ThinkForexは、本社をニュージランドにおいている業者でした。しかし、2013年にオーストラリアへ本社機能を移転させました。この移転によって、よりよいサービスを提供できるようになったと、ThinkForexは伝えています。

このThinkForexにおいて、メリットのひとつが、ボーナスであるといえます。毎回入金額に対してのボーナスとして、ThinkForexでは、10%がその利率です。ただ、このボーナスについては注意が必要です。ボーナスを受け取るにあたってThinkForexは条件を設定しており、これは、最低入金額が2000ドル以上必要というものになります。入金から60日以内に取引条件を満たす必要があり、そうしない限りは、口座から引かれてしまうことになります。

ThinkForexから得たボーナスは引出し可能ですが、この引き出しにあたっても、取引条件があります。攻略を立てる際には、取引条件をよく把握しておく必要があります。もし、2000ドル入金して、200ドルのボーナスを受け取るという場合ですが、これにおいても、400万通貨の取引量が必要ということになります。

参照引用: 88バイナリーオプション.com

実際、この条件は、そう簡単に満たせているとはいえないものです。1日当たり10万通貨の取引をして、40日取引を行って、初めて満たされるわけですから、なかなかの取引量が必要となります。

ThinkForexで、スプレッドはUSD/JPY、EUR/USDで、目安1pipsぐらいとなっています。このレンジは、他の業者と比較したときに、狭いと感じる人もいるでしょう。

オーストラリアの業者であるThinkForexは、もちろん、AUD/JPY、AUD/USDも扱っています。でも、だからといって、ここでのスプレッドが狭いという訳でもありません。ただ、ThinkForexもメリットを上げるのであれば約定スピードについては、速さがあるといえるでしょう。

総じてThinkForexを評価すると、スプレッド、約定スピードについてはよいといえ、プロモーションこそ少ないともいえるが、取引環境は決して悪くないといえるでしょう。こういった面でも満足している顧客が多いのが、その取得数からもうかがえるといえます。